ミーハー主義

テレビ業界で働く私が、アイドル・テレビ番組・映画などについて書きます。

【初登場】TIF2017で注目すべきアイドルを紹介してみる

f:id:shone-3:20170803230024j:plain

(出典:TOKYO IDOL FESTIVAL 2017

いよいよ2017年のTokyo Idol Festival(通称TIF)が8/4から三日間行われますね。

ここでぜひ、注目したいアイドルを7ユニット紹介しようと思います。紹介するグループはすべてTIF初登場です。大阪☆春夏秋冬などはTIFで見つかったアイドルと呼ばれていますが、アイドルユニットにとっては大勢の人に見てもらえる大きなチャンスといえるでしょう。

それではさっそく紹介していきます。

 

task have fun

f:id:shone-3:20170803172009j:plain
(出典:Task have Fun Official Website)

「人生は課題(Task)だらけ、だったらそんなTaskを楽しみながらクリアしちゃおう!」をコンセプトにしたアイドルユニットです。2016年5月28日にデビューした、平均年齢15歳の3人組。事務所はヴェルヴェットマネージメント。

メンバーは左から白岡今日花・熊澤風花・里仲菜月。

今年のアイドル横丁に出演し、ここでも見つかったと言われています。今年のTIFメインステージ争奪戦にも出るため、デビュー二年にしてかなり注目が集まっているグループです。

彼女たちの魅力は「白くて細くてかわいくて、純粋そう」なところ。芸能に染まって擦れてしまっていない感じがひきつけます。パフォーマンスも二年目と思えないほど表情やダンスのキレがよく高クオリティーです。

楽曲も自身のピュアで前向きな世界観を表現する曲が多く、沸きやすい楽曲が多いです。若い彼女ならではの魅力があふれます。

地下アイドルまとめブログ Task have Fun、初の大型フェス参戦でガチのマジの大マジで見つかってしまう 「タスクいつの間にかこんな集客できるようになってたのか」「横丁2番地もがっつり観客集めて、巻き込んでいたし、順調に階段あがっていますな」

 uijin

f:id:shone-3:20170803175945j:plain
(出典:http://www.uijin-official.com/ 

次は「neo tokyoをコンセプトに掲げ、様々なカルチャーが混ざり絡みあった現代の「tokyo」を体現する」アイドルユニット、uijin
2016年12月にデビューした4人組です。メンバーは左からありぃ、りん、ひとちび、やよい。メンバーは全員バラバラで活動している地方出身者であったため、東京へのあこがれも込めて、みんなが集まって楽しくライブできる空間をneo tokyo というコンセプトで表しています。 

とにかくロックの激しい楽曲でTIFのステージのボルテージを上げることは間違いないでしょう。『meltdown』『ten-age』などの楽曲は耳から離れません。

彼女たちは作詞や作曲もできるメンバーがいるのも魅力で、高い表現力が武器です。uijinの初陣に期待しましょう! 

OnePixcel

f:id:shone-3:20170803182015j:plain
(出典:OnePixcel Official Site

次は東宝芸能に所属する3人組のユニット、one pixcelです。

東宝芸能創立50周年!!新人男女募集オーディションを受けていた傳彩夏(一番左)・鹿沼亜美(一番右)、および女優オーディションを受けていた田辺奈菜美(真ん中)の3人で2015年9月にデビューしました。

田辺奈菜美はなんと元ハロプロ研修生で、突然ハロプロの研修活動を発表された約10か月後にOnePixcelとしてデビューしました。東宝芸能は長澤まさみや浜辺美波らが所属する女優に強い事務所で、女性アイドルユニットをプロデュースするのは初!

王道っぽさを残しつつピクセルとつくように幾何学的なところがある世界観を持ちます。2017年には候補生の追加が発表された彼女たちがTIFでどのようなステージをするのか、楽しみですね。

じゅじゅ

f:id:shone-3:20170803182955j:plain

(出典:『じゅじゅの新年会』 – LOFT PROJECT SCHEDULE

次は呪いをコンセプトにした3人組ユニット、じゅじゅ

所属事務所はクロスアイデアで、リナチックステイトなども運営している事務所です。2014年3月にデビューし、メンバーは左からねぅ、みおり、みのる。 

呪いというコンセプト通り、世の不条理や、嫉妬・妬み、インターネットの闇などを表現する楽曲が多くあります。イントロはとにかく不安を煽るようなものばかりですが、かっこいいです。

新宿ロフト系で何回もライブをするような暗ーいのサブカル、アバンギャルドど真ん中をひた走る彼女たちがTIFのステージでどう輝くのか楽しみですね!

 sora tob sakana

f:id:shone-3:20170803185021j:plain

(出典:sora tob sakana初アルバムにハイスイメンバー、plenty中村一太ら参加 - 音楽ナタリー)

次はテアトルアカデミー所属の4人組ユニット、sora tob sakana。通称、オサカナ。平均年齢は約15歳で、左から神崎風花、山崎愛、寺口夏花、風間 玲 マライカです。 

楽曲はオルタナティブロックバンドのハイスイノナサ・照井順政がプロデュースしているため、ポストロックとエレクトロニカを組み合わせたかっこいい世界観があり、楽曲派のファンもうならせています。このグループの魅力はジブリのような静かな強さ、みたいなものでしょうか。

純粋さでもなく、バイブス上げろって感じでもなく、おとなしいけど強いみたいなところがよいですね。かなり注目株の彼女たちがTIFでさらに飛躍する姿が楽しみです。

 ヤなことそっとミュート

f:id:shone-3:20170803220019j:plain
(出典:ヤなことそっとミュート初写真集はDVD付き、ツアーファイナルで先行販売 - 音楽ナタリー

続いては「ヤなことだらけの日常をそっとミュートしても何も解決しないんだけど、とりあえずロックサウンドに切ないメロディーを乗せて歌ってみる事にする」という由来の ヤなことそっとミュート。通称ヤナミュー。ユニット名が明確ですね。。

BELLRING少女ハートを運営していたクリムゾン印刷が手掛ける4人組ユニットで、2016年3月に初ライブ。メンバーは左から南一花、間宮まに、なでしこ、レナです。 

楽曲はいわゆるオルタナティヴ・ロックで、「枠にはまらない」ロックの楽曲。激しい音楽に対して女の子の尊い歌唱が響きますね。

リフトやモッシュは禁止されているため、ベルハーほどの強い沸きというよりは心地よい熱量でライブは進んでいき、かっこいい・・とほれぼれするでしょう。ヤナミューのスマイルガーデンが楽しみですね。

原宿物語

f:id:shone-3:20170803230307p:plain

(出典:[原宿物語] スケジュール・ブログ

最後は「美少女xダンスボーカルx演劇」をコンセプトに、魅せるライブパフォーマンスをウリにした13人のアイドルグループ原宿物語。通称、モノガ。

平均年齢14.9歳で、ライブでは60分間ノンストップノンMCで歌とダンスを披露します。毎回変わる大人数ながらのダンス構成とキレの良いダンスで魅了します。TPDとかそっち系ですね。 

神宿、原宿駅前パーティーズ、天晴れ!原宿など、原宿を中心としたアイドルグループがたくさんありますが、その中でもパフォーマンス力が高いのが彼女たち。TIFのメインステージ争奪戦も楽しみです。

 

f:id:shone-3:20170803230606j:plain(出典:ツイッターより)

また。カッコいい系かと思わせつつ、武道館アイドル博ではブルマ姿で登場するなど奇抜な運営も楽しみなところです。

まとめ

以上、TIFで見つかる(優勝する)かもしれない7ユニットでした。どのグループも楽曲にはかなりこだわっていて、たくさんのアイドルが生まれ立ち消える現在においては、非常に大事な側面なのだと気づかされました。 

結成数年のところがほとんどで、今後さらに飛躍するかどうかはTIFがかなり大きな影響を担いそうです。楽しみにしておきましょう。 

後日、またレポを書きますので、その時はよろしくお願いします。